06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

そういう時期だから

まことしやかに囁いてよアレを

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

冷や汗ぶっかけとりみだし茶漬け 

A「あのぅ・・・私ってADHDなんですかねぇ・・・?」
B「あなたは寂しいだけだと思います。」
A「」
B「私もです。」

アーメン。

―――――――――

↑1月27日の未送信メール

思考の断片を未送信メールに記録するようにしているのだけど、
たまに見返した時によくわからないものが出てくると、
鳥のフンひっかけられたような気持ちになるな・・・。



ファイル_000 (11)


◯閾値

友人とのニューヨーク旅行の朝、
グーグル翻訳に英語で話しかけて正しく認識されればOK、という遊びをしていて、
私は「word is world」と言う練習をひたすらしていた。

RとLの違いを口の中で調整するの、すごくたのしい。
あと最近のマイブームは「v」。
発音に正解があって、それをきっちり守らなければ通じない、というのは結構面白い。
KとC、FとH、BとVの違い。たのしい。
アルファベットたのしい。

バイト先のお客さんが8割外国人の方なので必死で英語を話しているが、
たとえば「coffee or tea?」という単純なことばでもいろんな要素が含まれている。
単語に「R」が入ると口内空間がグッと後ろの方に拡張する。
対して「tea」はすごく前の方にいる。「Please」なんかも結構浅いところで発音している。

ミュージカルの稽古で、いつも声楽科の方に歌唱指導をしてもらっていたのだが、
歌う時、とくに音を伸ばす時、母音によって口内空間の開き方が違って、
「あ」から「お」にいくにつれて奥の方に広がっていく、と教えてくださったのが面白くて、
頭にこびりついている。


音素の質感、音韻の閾値。


わーん、英語おもしろいようう。




◯寝坊

一ヶ月に2度ほど、本当にアホみたいな遅刻(遅刻 like an アホ) をする。
アホみたいな遅刻は、アホみたいな夜更かし(夜更かし like an アホ) に基づくのだが・・・

というのも、一ヶ月に2度ほど、ギンギンに冴えて眠れない日があって、
そうなると次の日にどんなに大事な用があったとしても、
無益な夜更かしに興じることを良しとしてしまう。


ま、要は、衝動に身を任せてしまうという話なのだけど・・・


重力に負ける、というよりも、重力に身を委ねて、
自分をわざわざ破滅に導いてしまうことがしばしばある。
その瞬間というのは、すべての理屈が無に還り、
考える部分の脳みそがどろんどろんにとろけている状態。

それによって重大なポカをしてしまうと、当然人からの信頼株は暴落する。(あちゃー)
 
優しい人に、「損するよ」とか、「勿体ないよ」と言っていただくと、
 
いや~・・・

本 当 に そ う 思 い ま す 。

と、思います、思う・・・のだけど・・・
毎回、その反省を咀嚼・嚥下はできても、
腑に落ちないまま胃のあたりで吸収されてしまうのであった・・・。
 




◯損得

そもそも、「損得」という判断基準にあまり共感できていない節がある。

「損」という感情は、自分が提示した価値に対して払われる対価が
「釣り合わない」と感じることだと思うが、
大概は持ちつ持たれつ、それ相応の価値があるだけだと感じる。

というか、価値の交換が「成り立っている」時点で絶対に「つりあい」は取れていて、
あとは傾き加減と感情(印象)の問題なんじゃないだろうか・・・
 
なにか買い物で失敗したとしても、自分が浅はかだったがゆえの相応の対価だと思うし、
つまらない映画を見ればつまらないことに面白さを見出すし、迷子になるのは良いことだし、
待ち合わせに相手が遅刻してきてもあまり何も思わない(・・・。)
その時々でなにかおもしろいものを見つけて納得(正当化)してしまう。

あとは「勉強になりました」という魔法の呪文で、
損得のものさしをどろどろに溶かすこともできる。


損得を考える思考回路が発達していないので、
税とか保険とかっていう制度が本当に苦手で困っている。
「後先考える」というのが基本的に難しい。

あと、損得を支点として「人の気持ちを考える」というのも難しい。
自分自身の損得ハードルが低いので、
「自分の行動が人に損をさせる」という思考になかなか至れない。


そういった理由で、衝動ストッパーがうまく働かないことが多いのだと思います・・・。



これは完全に人間的欠陥なので、
「やっべぇなぁ、どうしたもんかなぁ」と頭を抱えている次第です/(^o^)\


「俺のこと殴っていいから君のこと殴らせてよ!」って言ってるようなもんだし、
かたや「ごめんなさい!ごめんなさい!」と言いながら人を殴り続けてるようなものだしなぁ・・・



I see, I understand, but I can't make sense.
腑に落ちたい・・・

I want 誠意・・・






「真の悪は、”正当化”にこそ潜んでいる。」
               ~Chika Tsujison(1994~2095)


べちゃべちゃと汚い生き方はせぬように心がけたいものです。最後に勝つのは美意識・・・。



ファイル_000 (12)


京都府立図書館の、窓際の一等席を確保できるかどうかが、
QOL(生命の質)とふかくかかわっている♨



(次書く)
・学歴と選民について

スポンサーサイト
摩擦 | -- trackback |  0 comment

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。