06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

そういう時期だから

まことしやかに囁いてよアレを

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

犬も歩けば棒に刺さる 

 
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて
硯に向かうも、
心にうつりゆくよしなしごとが
そこはかとなく、そこはかとなさすぎて・・・
呆然。
その日の出来事はその日のうちに
記録として完成させなければならないのではないかという強迫観念と、
ブログの文章は俳句のようにひとつの形として
完成されたものでなければならないのではないか?という過剰な自意識に囚われ、
いつまでたっても完成しない断片ばかりが溜まってゆくのであった。
しかし、よくよく考えてみたら、
なにかを「完成」させようと思う事自体ハナからおこがましい話だし、
その日の出来事をその日のうちに記録する必要は特になく(強迫観念の克服)、
また特に誰から期待されているわけでもない上に(自意識過剰の自覚)、
断片の記録が必ずしも時系列順でなくてもいいのかもしれない、と思いたち(パラダイムシフト)、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。


(現代語訳)
ちゃんとブログ書こうと思った。


IMG_1970_R.jpg


5/9

◯薔薇
京大キリスト教博士のあんちゃん、という概念とコーヒーをしばいていたら、
朝日新聞のおじさん、という概念からあんちゃんに連絡が入り、
神宮道の画廊に絵を見に行くことになった。
 
道中、ふたりがキリスト教のよくわからないむずかしい話をしていたが
よくわからないむずかしい話を聞くのは好きなので勝手にニヤニヤしていた。
教養ある人の話を聞くのは、知識のシャワーを浴びるような感じがして、たのしい。
 
たちのぼる雨のかほりに、慶ぶ鼻孔。
 
久々に静物画、
やはり、定期的に静物画を観なければならない。

年々静物画が好きになってる気がする。
年を取ると演歌が好きになるのと同じ理屈か・・・?(ちがうとおもう)


さまざまな作家の「薔薇」を集めた展覧会、
わたしには作家の名前も画壇の力学もとんとわからぬが、
そこに薔薇があるということだけはわかる。(阿呆面)
さまざまな薔薇。

美術鑑賞の方法はさまざまあると思うけれど、
一体「何が、」その絵を描かせたのか。
と、作品に問いかけてみるのは悪くない方法なのではないかと今のところ思っている。

すべて、同じ薔薇ではない。

その人は薔薇の、「何を、」描きたかったのか。
質感、
量感、
色、
光、影、
湿度、
空間、
あるいはそのすべて。


一体「何が、」その絵を描かせたのか。


存在そのもの。



IMG_1986_R.jpg


5/7

◯存在

その女の子は鳩を避けていた。
 
聞くと、鳥が苦手なのだと言った。

不可解なものを警戒するネコのように、じりじり・・・と鳩との間合いをはかる姿は、
なんていうか動物!!って感じがして、とてもよかった・・・。
グッときた・・・。
そこが動物園だったこともあり、余計に。

感覚的であることは、善い・・・。


いわく、檻をはさめば大丈夫、らしい。
また、写真や映像で鳥を見るのも平気だそうだ。
近くに、目の前に来られると、拒絶してしまう、近寄れない、らしい。

概念は許せるが、存在は許せない、という感じだろうか。



鳥を目の前にしてビビる気持ちはわかる。
だってあいつら意味わかんないし。美しすぎて。

鴨川とかに突然鳥がいるのめちゃくちゃびっくりするし、
なんなら突然近くにいるカラスもびっくりする。あれは畏怖に近い感情。
というか、「いいのかな・・・?」って思う。自分なんかが目撃してしまってもいいのだろうか?と。ドキドキして、思わず挨拶してしまう。
テレビや図鑑で見るのとは全く違う、目撃の質感。
道ばたで突然尊い。


話は飛ぶが、
筋肉を目の前にするとめちゃくちゃドキドキする。

女装した筋肉はよりいっそう、善い。
テレビや写真で筋肉を見ても特に何も思わないのだが、
目の前に筋肉があると8割増で興奮する。


博士は、2次元の幼女を画面で見る分には良いが
いざ目の前に3次元の幼女が現れると畏怖の対象になるそうだ
(これはちょっと違う意味だと思う)



目の前に来られた時の、畏怖や興奮。
存在の質感。リアリティ。立体感、奥行き。



IMG_1973_R.jpg


さいきん、ノーファインダーのかのうせいをかんじる・・・。

カメラ病の末期症状である可能性も高いが、疑いつついろいろ遊んでみようとおもう・・・
そういえば都写美でドアノー先輩の映画を見た。凄い良かった。次回書く。
スポンサーサイト
阿呆面 | -- trackback |  0 comment

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。