04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

そういう時期だから

まことしやかに囁いてよアレを

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

You say why and I say I don't know. 


◯みみず
結構久々にみみずを見た。
信号待ちをしていて、ふと視線を落とすと、歩道と植え込みの境目に彼がいた。
自身の肩幅ほどの道をかきわけ、ぬるぬると土の中に潜っていくところだった。

瞬間、自分でも驚くほど心が動いたのでびっくりした。
そういう時、10センチほど、がこんと音を立ててズレる感じがある。



2017041913550001.jpg


◯剰余の宇宙

「なんでできないの?」ということばの暴力性を思う。

もしかして、「2倍できる人」から見て、「2分の1しかできない人」は、
「4倍できない」ように見えるのではないだろうか・・・???!?!とかいう恐ろしい推論
2倍できる人の視界は、広く、クリアなのだろう。
2分の1しかできない人の視界は狭く、雑多な情報に濁っている。
なかなか。地道に視野を広げてゆくしか道はない。


「なんでできないの?」という問に対して真っ当に答えるとすれば、
「それは◯◯だから。△△することによって◯◯を解決すればできるようになる」なのだが、
現場ではそういった合理的かつ長期的な解決法に至ることができず、
短絡的に怒りのエネルギーのみを受け取ってしまう。
すると、意味もなく「なぜかできない自分」に苛まれることになってしまう。不健康。


「Aができる」の対義語は、「Aができない」とは限らない。
「Bができる」と考えることもひとつの逃げ道だ。
(あ、これベン図要るやつや)

たとえばびっくりドンキーで、コロコロステーキ食べてる人に、
「おろしそバーグディッシュ美味しいのに、なんで食べないの?」と聞くのは愚問だろう。
「なんでって・・・今、コロコロステーキ食べてるから・・・。」としか言いようがない。
たまたまコロコロステーキを「選んでいる」から、たまたまおろしそバーグディッシュを「選んでいない」にすぎない。
別におろしそバーグディッシュを食べたくないわけではない。

Aが見えていない人には、Bが見えている。
それだけのこと。


たとえば界隈において、「こんな事も知らないの?」という扱いを受けることがある。
その場で無知が露呈した人は恥をかいてしまうが、
前提としての知識が共有できていないのはその人だけの責任ではない。
ある芸術家の属していたグループの名前は知らないが、その芸術家の作品に心から感動し人生を動かされた経験はあるかもしれない。
知識が鑑賞の邪魔をすることは大いにある。知識が全てではない。

Aを手に入れていない代わりに、その時間を使って別のものを手に入れている、そんなのは当たり前のことなのに、
その場においては「Aを手に入れていない」という絶対値で語られてしまうのであった。

もちろん、Aを手に入れることで新しい世界が見えるだろうし、
無知を反省して学ぶことは素晴らしいことだ。

ただ、「見えるべきもの」に視界を乗っ取られて、
自分の見たいもの、自分にしか見えなかったものが、
見えなくなってしまうこともあるのかもしれないなぁ。



知らんけど。


見えないもの、見えなくなったもの、
もとい、自分の認識できないものに関して語ることはできないので、以上。



ちなみに、「なんで、わかってくれないの?!」に関しても同じことが言えるんじゃなかろか。
このことばが使われれば使われるほど、どんどん相互理解が阻害され溝が深まっていく現象は結構おもしろい。


2017041913550000.jpg


実数は、無数の虚数の上に立ち、
「割りきれること」は、無数の「割りきれないこと」の上に立つ。


どうやら、社会で生きていくためには、
バシバシ実数で割りきっていかなければならないらしい。

割りきれないものは、切り捨て、切り上げ、「暗黙」の「便宜上」。
そうしないと、なんせ虚数は無数にあるのだから、
きりがないし、「効率が悪い」。



実像は、無数の虚像の上に立ち、
「言葉」は、無数の「言葉にできないこと」の上に立つ。


その、無数の虚像や、言葉に出来ないことや、虚数のこと、
「割り切れない」余りの、それらのことが、
わたしはいつも気になってしまうのだった・・・
うむ、効率悪き哉。



自分の認識していないことがあるということについて、把握している状態。
I see that I cannot make sense about it.
無知の知。





二項対立に対峙したときは、ちゅういぶかく、
その境目の、剰余の宇宙に目を凝らすべきだ。

そうしないと、正義に、悪に、踊らされるやで。


ざぼーん
スポンサーサイト
阿呆面 | -- trackback |  0 comment

△page top

犬も歩けば棒に刺さる 

 
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて
硯に向かうも、
心にうつりゆくよしなしごとが
そこはかとなく、そこはかとなさすぎて・・・
呆然。
その日の出来事はその日のうちに
記録として完成させなければならないのではないかという強迫観念と、
ブログの文章は俳句のようにひとつの形として
完成されたものでなければならないのではないか?という過剰な自意識に囚われ、
いつまでたっても完成しない断片ばかりが溜まってゆくのであった。
しかし、よくよく考えてみたら、
なにかを「完成」させようと思う事自体ハナからおこがましい話だし、
その日の出来事をその日のうちに記録する必要は特になく(強迫観念の克服)、
また特に誰から期待されているわけでもない上に(自意識過剰の自覚)、
断片の記録が必ずしも時系列順でなくてもいいのかもしれない、と思いたち(パラダイムシフト)、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。


(現代語訳)
ちゃんとブログ書こうと思った。


IMG_1970_R.jpg


5/9

◯薔薇
京大キリスト教博士のあんちゃん、という概念とコーヒーをしばいていたら、
朝日新聞のおじさん、という概念からあんちゃんに連絡が入り、
神宮道の画廊に絵を見に行くことになった。
 
道中、ふたりがキリスト教のよくわからないむずかしい話をしていたが
よくわからないむずかしい話を聞くのは好きなので勝手にニヤニヤしていた。
教養ある人の話を聞くのは、知識のシャワーを浴びるような感じがして、たのしい。
 
たちのぼる雨のかほりに、慶ぶ鼻孔。
 
久々に静物画、
やはり、定期的に静物画を観なければならない。

年々静物画が好きになってる気がする。
年を取ると演歌が好きになるのと同じ理屈か・・・?(ちがうとおもう)


さまざまな作家の「薔薇」を集めた展覧会、
わたしには作家の名前も画壇の力学もとんとわからぬが、
そこに薔薇があるということだけはわかる。(阿呆面)
さまざまな薔薇。

美術鑑賞の方法はさまざまあると思うけれど、
一体「何が、」その絵を描かせたのか。
と、作品に問いかけてみるのは悪くない方法なのではないかと今のところ思っている。

すべて、同じ薔薇ではない。

その人は薔薇の、「何を、」描きたかったのか。
質感、
量感、
色、
光、影、
湿度、
空間、
あるいはそのすべて。


一体「何が、」その絵を描かせたのか。


存在そのもの。



IMG_1986_R.jpg


5/7

◯存在

その女の子は鳩を避けていた。
 
聞くと、鳥が苦手なのだと言った。

不可解なものを警戒するネコのように、じりじり・・・と鳩との間合いをはかる姿は、
なんていうか動物!!って感じがして、とてもよかった・・・。
グッときた・・・。
そこが動物園だったこともあり、余計に。

感覚的であることは、善い・・・。


いわく、檻をはさめば大丈夫、らしい。
また、写真や映像で鳥を見るのも平気だそうだ。
近くに、目の前に来られると、拒絶してしまう、近寄れない、らしい。

概念は許せるが、存在は許せない、という感じだろうか。



鳥を目の前にしてビビる気持ちはわかる。
だってあいつら意味わかんないし。美しすぎて。

鴨川とかに突然鳥がいるのめちゃくちゃびっくりするし、
なんなら突然近くにいるカラスもびっくりする。あれは畏怖に近い感情。
というか、「いいのかな・・・?」って思う。自分なんかが目撃してしまってもいいのだろうか?と。ドキドキして、思わず挨拶してしまう。
テレビや図鑑で見るのとは全く違う、目撃の質感。
道ばたで突然尊い。


話は飛ぶが、
筋肉を目の前にするとめちゃくちゃドキドキする。

女装した筋肉はよりいっそう、善い。
テレビや写真で筋肉を見ても特に何も思わないのだが、
目の前に筋肉があると8割増で興奮する。


博士は、2次元の幼女を画面で見る分には良いが
いざ目の前に3次元の幼女が現れると畏怖の対象になるそうだ
(これはちょっと違う意味だと思う)



目の前に来られた時の、畏怖や興奮。
存在の質感。リアリティ。立体感、奥行き。



IMG_1973_R.jpg


さいきん、ノーファインダーのかのうせいをかんじる・・・。

カメラ病の末期症状である可能性も高いが、疑いつついろいろ遊んでみようとおもう・・・
そういえば都写美でドアノー先輩の映画を見た。凄い良かった。次回書く。
阿呆面 | -- trackback |  0 comment

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。