03« 2016 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

そういう時期だから

まことしやかに囁いてよアレを

うだつ上昇気流 

なんか、「できないこと」って実際にはないような気がする。
数学でいう「理論上は存在する」みたいな、
デッサンのパースみたいに「便宜上そう表現する」みたいな、そんな感じ。

「やるべきこと」と「やりたいこと」があって、
その演算処理の結果余ったものが「できないこと」と名付けられるだけ。

やるべきこと ÷ やりたいこと = できること ・・・ できないこと

みたいな。
「・・・」ってなつかしいですね。「あまり」。いじらしか~。
 
割り切れないこと、


、、、。



もしもし屁理屈ポリィーーーース!!!!!!!!!!!!



IMG_8420_R.png



絶賛迷える子羊中なので、
自分の中で「良しとしないこと」について軽く整理しておこうと思う。

日々、ちゃんと選ばんといかん。
選ぶことはやさしさ。






STOP!ことばの無駄遣い

意味もなく「いやいや・・・」とかいうのやめたいわ。
意味のない謙遜とか、謙遜に対する意味のない相槌。
言った後で、毎回、「しまった」って思うんだけどね。
そういうちょっとしたガス漏れが、積もり積もって自分の人間性をつくってるのだな。
どっちつかずな、ふにゃふにゃした奴。
 
どうでもいい言葉で余白を埋めて、
何かを言ったような気になるのは程々にしとこ。
 
 




ひとの言葉を我が物顔で利用するのはやめよう。
自覚なくそうしてしまっている人にも、ちゃんと言いたい。

それってなんかいじきたないから。

いじきたないのは嫌だな。
何においても。




▼ 

 

どっかから逃げてきても、逃げた先に居場所なんかないでな。
そういう時の自分にはなんにも見えてないからさ。
灯台下暗し。
照らした向こう岸は、青々とした芝。
大事なことも本当のことも、灯台の下にしかないのになー。 
 

 




「肉ソンがまともになったって噂。
「真人間になったって皆が言ってる。
「ぶれてる?
「なんかおとなしくなったね。
「あ、意外と普通なんだ。
「どっか旅しないの?

私は、しばしば、「こんな人がいてほしい」というのを期待される。託される。
それは必ずしも心地の悪いことではない。


変わった?
じゃあ、元々のわたしとはなんだったのか。
みんなは私の何を知っていて、私に何を見たかったのか。


そんなの気のせい。

季節みたいなものだよ。


私は原点から動いていない。
座標。
緯度とか経度とか、ひとが勝手に決めることだ。
自転?公転?
どちらにせよ相対的なものだから。


わたしは、だれかが決めた自分の姿に惑わされない。踊らされない。選ばされない。


わたしの姿はわたしが決める。自分で選ぶ。


え、そう思ったら人生ってまだまだいくらでも面白くできるやん・・・
まだ21歳とかヤバスギ、エモスギ







なにかを見て「これ自分に当てはまってるー!」っていうことと、
「なりたい自分」や「求められる自分」をちゃんと演じることは、
真逆の位置にあるような気がする。



血液型占い、とか、真面目系クズ、とか、要はカテゴライズして自分を安心させること、
これは重力に従っている状態。

演じる、ってことは、重力に逆らうことで、
明日からの自分をつくることとも言える。


たとえば

私は手紙をかくのが苦手だ。(昨日までの自分、または周りの人による定義)
 →だから、書かなくていーや(重力に従う)
 →★書く(手紙が書ける自分を演じてみる)(重力に逆らう)

私は片付けが苦手だ。
 →だから、片づけなくていーや(重力に従う)
 →★片付ける(重力に逆らう)

私は連絡不精だ。
 →だから、返事はこれ終わった後でもいーや(重力に従う)
 →★とりあえずの内容でもすぐに返事をする(重力に逆らう)

私は気分屋で自由奔放だ。
 →だから、大事な用事をサボってもいーや(重力に従う)
 →★サボらない(重力に逆らう)



たぶん日々、重力に負けていることはたくさんある。

でも、すこしずつでも、重力に逆らうこと、しないと、生きてるって感じしないんじゃない?
ずーっと重力に負けたまんまだと、たぶん生きてる心地がしないんじゃないかな。
ずーっと重力に逆らい続けるのも、しんどすぎるけど。目から血ィ出そう



それに、求められる自分(やるべきこと)と、ありたい自分(やりたいこと)が
一致しない状態っていうのはやっぱり苦しい。


生きる、って、相対的な自己(まわりとの関係)が刻一刻と変動していく中で、
演じることを更新し続ける試みなんじゃなかろか。



求められる自分 ÷ ありたい自分 = 演じる自分・・・演じない自分

???







求められる自分と、ありたい自分が、きちんと一致して、
演じることと演じないことの境目がなくなること(余りが極力なくなること)が、大人になるってことなのかもしんないな。


え、



なにそれ、




むずっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!










なめとんのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









♨♨♨なめてま~~~~~~~す♨♨♨








ハァ~~~ア~ほんともうつべこべつべこべつべこべつべこべ。

とりあえず、自分「だけ」が特別だと思うのやめよ~っと。変に自分に期待するのもやめよ~~~っ
みんな特別だし不器用だし人見知り~くらいに思っとこ


あ、そうそう、「人見知り」って英語ないよね?
教えて英語圏のひと~~~
日本人とかもうみんな基本的に人見知りな気がしてきた
自称人見知り多すぎか!!!!




あー、頭ガンガンするので寝ます。
きょうから展示はじまってます

まな板の上の恋★★


もーほんとね、減らず口大バーゲンですわ。
減らず口のたたき。ぽん酢で頂いて~~~~~~



スポンサーサイト
乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top