04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

そういう時期だから

まことしやかに囁いてよアレを

閾値の生き死に 

なんだっけ、んーと、そう、あれだ。ステレオグラム。立体視。

1024px-Asiatic_hybrid_lilium_stereogram_flipped.jpg

焦点を合わせずにぼやかして、
画像と自分の位置関係を少しずつずらしていくことで、
見えてたはずのものが見えなくなって、
見えないはずのものが見える。という錯視の一種。

盲点を使った遊びもよくあるよね、
ある図に焦点を合わせながら画像を少しずつずらしていくと、
ある一点でその図が見えなくなる、みたいなやつ。


視覚って結構ガバガバなシステムで、
それに頼り切ってる人間というのもまた、ガバガバな生き物なのだ。
(断言しちゃったよこの人は)



少しずつ少しずつずれていって、
ある一点で急に見えなくなる。
もしくは、急に見えるようになる。

そう、そこに、名前が付けられる。



アーなんかしんどいな・・・

風邪かな?コホッ

熱はかろ・・・

【37.0℃】

風邪やん!!!!!ゲホゲホォ!薬のも




オカンの破れたストッキングで遊ぶのが好きだった幼少期の俺

ガタンゴトン・・・あ、あの人のストッキング破れてる・・・ドキドキ・・・なんだろうこの気持ちは?

俺、破れストッキングフェチなのかも・・・?

バリバリィ (ズキュゥゥゥン)

俺、破れストッキングフェチだわ!!!

「破れ ストッキング フェチ」で検索

こんな世界があったのか・・・!(界隈との出会い)

ストッキングを破くだけのフェチビデオをひたすら集めはじめる






そこが認識の閾値だ。
(もっと良い例があったでしょうに)


恋も、生死も、そこがたまたま認識の閾値というだけで、
0と1のあいだにあるグラデーションは、
無数の宇宙空間であり、
ゆるやかにずれていくだけ。

そのグラデーションを詩的に記述するかどうかで、
君がアーティストなのかそうでないのかが決まる。







思考にもブームがあって、
どうやらそいつが堆積して沈殿して思想になるようなのだけど、
最近のマイブームは「ずれ」と「重力」だそうです。

ひとや、物事は、急に変わったりしません。
少しずつ少しずつ、重力に従ったり逆らったりしている内に、ずれていくだけです。

そして、閾値に、
ことばが、
システムが。

ずこーん。ああっ、強いっ。






ぜんぜん関係ないけどこの女の人、
他にもたくさん動画を上げてるんですけど
端々に執拗さが感じられてとても良いです。
 
こどものおもちゃを、ことごとく本来の使いみちから外してるのが、陵辱って感じがしてたまりません。


ららばーい。
スポンサーサイト
乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top

政治と恋と宗教に寄せて 

冬ですね!サラリーマンがコートを羽織る季節になりました。
スーツにコート、好きなんで、うれしいです。
スーツにリュック姿は好きじゃないです(個人の感想です。)

ぱりっとスーツ着るだけで「良さ」があるから男の人はずるいですね。
女の人のスーツ姿はあんまり好きじゃないです(個人の感想です。)




s.jpg




最近は専ら、2017年のすごしかたについて考えているのですが、
もう、何につけてもわくわくしています。

にくそん卒業したらどうすんの?と会う人会う人に聞かれまくり、
言を重ねるごとに色濃くなってきたのでここらでひとつ、
明文化して整理しておくことにします。




えと、具体的なところからいきますと、
受験生になります。

お勉強しながら働いて100万貯金して、どっかの大学院に参ります。
生物学か宗教学か数理論理学か政治学か、、
要は、抽象的なところから具体的なところまで、
ひろく『組織の構造』について知りたいのだと思います。


大学生などというものは、
お金を払って教育サービスを受けているだけの社会的弱者に過ぎませんので、
安易に「モラトリアム」で片付けるのはやめたほうが身のためだなぁ、という考えにこの間至りました。
学ばない大学生は、井の中の蛙どころか、池の中の鯉みたいなものだなと。
蛙はいいよ、まだ、上に行こうとするエネルギーがあるから。


いまの私は小さな蛙なので、ただただもうひたすらに勉強したい!!!!!!!ハァハァ
それだけでごわす。

どこの大学っていうのは、春には照準を定めるつもりですが、
とりあえず気の合う師匠のいるところに行けたらいいなぁと・・・。
アカデミック界隈は権威の世界であるというような印象があるので、
ジャンルにこだわらない好奇心旺盛でやわらかい大人のひとと一緒にすごせたらいいな…。



▼抽象度+20%


やりたいことの軸足を定めるならば、おそらく、
ひとの『どーしよーもなさ』、に興味があるのだと思いました。

人の、間違うこと。重力に負けること。思い込み。
それを記述する文法は様々に、様々なレイヤーに存在しています。
それらをひとつひとつ噛み砕いて、『翻訳』していきたいのだと、思います。


り、李徴っ・・・My sweet soul human.


んで、その文法たちを、最終的には『界隈論』のようなもので体系化できたらと思っていて、
宗教に限らず、あらゆるコミュニティ(界隈)に存在する力学を、
わたしのことばで記述できたらと思っています。
それはひょっとしたら、スケッチかもしれないし、演劇の台本かもしれないし、木彫かもしれないし、似顔絵かもしれません。
(とりあえず、喋るのが得意ではないということだけははっきりしました。)





▼抽象度+40%


来年は、何かに追われる毎日ではなく、何かを追いかける毎日にしたいと思っています。


いままで、どれだけの事を自分で選んできたんだろう?
意外と、知らず知らずのうちに、選ばされていることは多い。
手近にある選択肢をさわって、選んだような気になっていることも多い。

京都芸大に来たのは、彫刻専攻に来たのは、
選んだことなのか?選ばされたことなのか?

粘土をこねる。
これは作っている形なのか、作らされている形なのか?

おそらく、どちらでもある。

環境や空気の影響もあるが、
過去の自分が私にそうさせた、という言い方もできるだろう。
選ばされたことには、追われてしまう。


重要なのは、その時その時で、その選択に対して「納得」できているかどうか。


その確かさが、一手の精彩を決めるのである。




2016年は、もう、追われ続けていた・・・。
そしてなんとも精彩に欠ける一年であり、
自信、について考え続ける一年でした。
自信。自分への信仰。



信じる、ということの背後になにがあるのか・・・知りたくてたまりません。



知ることは、うれしい。たのしい。ありがたい。



名前に「知」という字を入れてくれた親に感謝極まりない限りです。




▼抽象度+247%

   @  @
◎,◯///゜+<<◯゜●◎◯
   .◯C◯◯O◯CC
     {[[[{{{[[{[[[[[{
  ◯ O◯  C





▼具体度+307%


とりあえず卒制がんばります。

前々からやりたいこととして言っていた、
国会ファシグラと、宗教つまみ食い企画が今すこし形が見えつつあるので固めてまいりますね。



さて・・・どこに住もうかしら~



乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top

しめりけとねばりけの彼方に 

現在、本当に全然まったくこんなことを書いてる場合ではないのだけど、書くよ。
 
キーボードの隙間に言葉が吸い込まれていくことは、
わたしにとってとても心地が良いことです。
 
ことばの限界、臨界点が、熱くて、なめらかで、それを連ねることで点が線になって、
木でできたどこまでも続く手すりのようで、
そこをずうっと触れながら、私はそぞろ歩き、ゆっくりと呼吸する。
 
温泉に浸かるよりも味噌汁を啜るよりも二度寝するよりも、きもちがよい。
絵を描くよりも人と喋るよりも粘土をこねるよりも充足感がある。
その欲望は、尿意すら凌ぐ。(現に、さっきからものすごくトイレに行きたいのを我慢してこれを打っている。)

キーボードのかろやかな質感も好き。
わたしはキーボードを打っている時間が一番、好きだ。(2016年5月16日1:30現在)


 
「やりたいこと」よりも、「結果的にやり続けていること」のほうが重要だという仮説を採用するならば、
私にとってのそれはコレなのであります。
ものごとは、「継続的な営み」にまで昇華されてはじめて価値を持つものだと思う。

ま、自分にとっての価値でしかないけどね、
コンテンツとしての価値を担保できるかどうかはまったく別の話。

え?コンテンツとして価値がないと意味が無い??
おいおい落ち着けって。
茶でも飲めよ。



IMG_1581.jpg



「自分を正しく評価してくれる人」と関わっていくことは、重要だと思った。

正しい評価、というのは、とても難しいことなのだけど、
前回ちらっと書いた、「現象を現象としてとらえる」というのに近いな。


わたしを必要以上に低く評価する人と一緒にいると、わたしが萎縮していくように思う。
(その低評価はしばしば、嫉妬や相手自身の悩みに起因する。あと情報不足)
 
わたしを必要以上に高く評価する人もまた危険で、それもまた萎縮を生み出す。
(その高評価はしばしば、執着や依存に起因する。あと情報不足)


じゃあ必要ってなんなのよって、そりゃあもう身の丈、身の丈で。
前回も書いたけど、ドライに関わりたい。
このドライさっていうのは、クールさ?冷たさ?距離感?とは全然違う。そういうことじゃない。
乾いているからどう、とかじゃなくて。単純にパーセンテージで、湿度が低い、ただそれだけのこと。
(↑わかってくれる人が少なすぎて苛々してる文体)
 
私の求める「やさしさ」は、そこにあるような気がしている。
自我はもちろん必要、だけど、自我に溺れちゃイヤン
エゴとエゴのシーソーゲーム、均衡をとりつづけて?

「自分の存在の自覚」の為だけに、他人を利用することは、なんだか、いじきたない。
と、便宜上、思うことにしておく。(2016年5月16日1:53現在)







「私の主観において、あなたはこういう人だと感じています」といわれることは、
それを言われるだけでかなり、その人に対して好感を持ってしまうような気がするな。

まー別に何気ない、「肉ソンって、◯◯な時、◯◯だよね」みたいなことなんだけど、
これって相当、その人のことしっかり見てないと言えないですよ。

だいたいみんな、自分の輪郭が一番見えないから、
ひとから「君ってこんな人だよね」って言われるってすんごい有力な輪郭だし
だいたいみんな、自分のことでいっぱいいっぱいだから、
相手が自分のことをちゃんと見てくれてるってだけで
すごく心を動かされるように思う。

言われるとすごい嬉しいよそりゃあ確かに。
しかし、言われるのを待ってるだけではなにも進まない。
言って欲しいなら、どんどん言っていかなきゃ、と、思ったよこないだ。
そのために、ちゃんと相手のことを見ている必要がある。
ちゃんと相手のことを見ることができる。

それができたら、もっと豊かに、ひとと関わっていけるようなそんな気がする、
ま、自然にやってる人からしたらアタリマエのことなんだけどね。


だいたいの日本人は「人見知り」だと思っといたほうが、どうやら生きやすいみたいよ。
いや、ほんと、自称人見知り多すぎだからww(かく言うわたしも)
みんな人怖いんだよ結局。
何考えてんのかわかんないのって怖いじゃない。
だから率先して、自分が、「何考えてるのか」伝えていかないと。


好きな人にはちゃんと好きだと言いたいし、
好きな人から好かれたいじゃないですか。
「好き」という感情が、一方的なものではなく、ちゃんと、それが自分から伸びて相手につながってないと、いけない。
や、まー、いけないこともないんだけど。

わたしのそれは、いつも、相手とつながってない、だから、人とうまく関われない。
好感が、自分と相手をつなぐ糸になんないと。

なんないと・・・
人の間には生きれないよなー。

わたしはやっぱり、人間になりたいので。(2016年5月16日2:05現在)






もらえるもんは全部もろとこ。
でも、求めたら終わり、その時点でOUTだ、GAME OVERだ。
 
あげれるもんは全部あげますよ。
でも、求められるもんをあげられるとは限りましぇーん。



IMG_1581.jpg



あぁあああぁ・・・もぉ・・・・・・世界美しすぎか????????????
みんな・・・愛してるよぉ~~~~~(泣)


↑すごくドライな感想




あ~~~~~~・・・めちゃくちゃトイレ行きたい・・・。

乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top

「効率悪き哉、人生」 


12562424_438682523007550_946546469_oss.jpg


忘れものをして取りに帰った。

宝塚での約束を終え、梅田での約束に向かう予定であったのが、
必要なものを忘れた。
本来であれば14時には梅田に着いて、
諸々したいことがあったのだけど、
一旦家に帰って15時半。710円。
再び梅田に着いて17時。610円。
3時間、1320円のロス。

いやーあ、別になんのことはない。
その時間をお金で買ったと思えばいい。
喫茶店で三時間作業するために1320円つかうのも、
カラオケのフリータイムで1320円つかうのも、
なんら変わらんだよ。

そのぶんだけ質の良い時間を過ごせれば、
1320円の価値について考えずに使う3時間よりもよっぽど有意義かもしれない。
と思いながら本を読んだり考え事をしたり。
 
 
つべこべつべこべつべこべつべ。


 
と、いう風に、
わたしはクソ真面目で凝り固まった人間なので、
消費した資源に対して「元を取ろう」とする。
 
失われたものに執着するのではなく、
ただなんとなく折り合いをつけたいだけ・・・という執着。笑


しかしまあ、結局はとても効率が悪いことをしているのだけど。

いくら屁理屈をこねようとも同じことで、
失われた可能性に対してはベストを尽くすことしかできない。
最善に尽きる。







「悪い」とか「ネガティブ」とか「不幸」とか、
そういうことばについてまわる感情的なイメージをもっと排除できればいいのに。
 
ただの座標上の点だってば!!!!!!!!

正があればそれに対応する負の点が在るだけ。
しかし、「マイナス」にも「負」にも良くないイメージがついて回る。
邪魔だなぁ。ンンン・・・    ちゃうねん・・・。
 

良し悪しを「判断」するための言葉ではなく、
単純に現象を「とらえる」ための言葉として使いたいのに。

 
とらえた言葉を相手に伝えようとした時、絶対に「判断」が挟まってしまう。
 
ああ、めんどうくさいな。



そういうのってなんだかウェットだと思う。
ことばが湿り気を帯びる感じ?
個人的な感情が絡まってくると、湿る。

いや、ウェットっていうことばも、別に。
じめじめとかそういうマイナスイメージとかじゃなくって、
ほんとに湿度だけの話。
色とか無い。寒色とかじゃない。ただただウェット。






最近のわたしは、自分が女に生まれたことを、「効率が悪い」と表現していた。
 
いやね・・あんまり向いてないと思うの・・・。

思想も、ことばも、行動も、
どこかウェットな、
湿り気を帯びている。

化粧も、オシャレも、友情も、
いちいちなんだか、ウェットだよ。

女の肉体から発せられる言葉も、
自動的に、いちいちウェットなトーンを帯びる。
ちがう~~~そういう事がいいたいんじゃないのに。

もっとドライに、現象を、現象として・・・さぁ。
自己主張も自己顕示もいらない・・・そこは・・目的じゃない・・・・・・






でもなんかそういうのを性別のせいにするのって甘えやなぁと、思ったのである。

男だってウェットなやつはいるしなぁ。
女でもドライなやつはいる。

もし自分が男だとして、かっこよくなかったら普通に嫌だろうし。
もし自分が男だったら、美しい女性になりたいと思ったかもしれない。

女に生まれた自分には、美しくなれるであろう余白がある。
その余白を埋める努力もせず、表面上の図柄ばかり羨んで何になるというのか・・・

まだ荒れ地だけど、いくらでも耕せる土壌はある。
その土を耕す努力もせず、隣の芝ばかり羨んで以下略・・・







べつに性別とかしょうみどっちでもよくってさ、

釈然として、
好きなものに対して正直に、
軽やかに、
クリアに世界を認識して、
やさしい男性に、
うつくしい女性に、

なりたいだけなのである。



ドライに。

現象を現象として。

ドライに化粧する。
ドライに着たい服を着る。
ドライに大事な人を大事にする。


と、思ったら、なんかできそうな気がしてきた。な。




女に生まれてしまったのは、確かに、「効率の悪いこと」だったかもしれない。

忘れものをしたせいで宙ぶらりんになった時間。

失われたものに執着するのではなく、
ただなんとなく折り合いをつけたいだけ・・・という執着?笑




忘れること、と、思い出すこと、について最近はよく考えている。
自分が自分であることも、常に当たり前にあることではなくて、
ただ思い出し続けているなのだけかもしれない。
そう思ったら、ずっと、宙ぶらりんな時間を埋め続けているだけなのかも。



消費した資源に対して「元を取ろう」とするだけ、それだけか。


ベストを尽くすしか無いね。

と思ったら急に、最善な日々の訪れ。



いやぁ~~スッキリですわ。
こころ天日干し~~。






12562424_438682523007550_946546469_oss.jpg


私はあの人にはなれないからなー。
参考にするところは参考にして、ある程度のとこで割り切ることも大事。
憧れと羨望は分けていこ。
その都度きっちりポジショニングしていこ~



アァサヒィ・・・ッスゥパァドゥッルァァ~~~~イ。
乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top

うだつ上昇気流 

なんか、「できないこと」って実際にはないような気がする。
数学でいう「理論上は存在する」みたいな、
デッサンのパースみたいに「便宜上そう表現する」みたいな、そんな感じ。

「やるべきこと」と「やりたいこと」があって、
その演算処理の結果余ったものが「できないこと」と名付けられるだけ。

やるべきこと ÷ やりたいこと = できること ・・・ できないこと

みたいな。
「・・・」ってなつかしいですね。「あまり」。いじらしか~。
 
割り切れないこと、


、、、。



もしもし屁理屈ポリィーーーース!!!!!!!!!!!!



IMG_8420_R.png



絶賛迷える子羊中なので、
自分の中で「良しとしないこと」について軽く整理しておこうと思う。

日々、ちゃんと選ばんといかん。
選ぶことはやさしさ。






STOP!ことばの無駄遣い

意味もなく「いやいや・・・」とかいうのやめたいわ。
意味のない謙遜とか、謙遜に対する意味のない相槌。
言った後で、毎回、「しまった」って思うんだけどね。
そういうちょっとしたガス漏れが、積もり積もって自分の人間性をつくってるのだな。
どっちつかずな、ふにゃふにゃした奴。
 
どうでもいい言葉で余白を埋めて、
何かを言ったような気になるのは程々にしとこ。
 
 




ひとの言葉を我が物顔で利用するのはやめよう。
自覚なくそうしてしまっている人にも、ちゃんと言いたい。

それってなんかいじきたないから。

いじきたないのは嫌だな。
何においても。




▼ 

 

どっかから逃げてきても、逃げた先に居場所なんかないでな。
そういう時の自分にはなんにも見えてないからさ。
灯台下暗し。
照らした向こう岸は、青々とした芝。
大事なことも本当のことも、灯台の下にしかないのになー。 
 

 




「肉ソンがまともになったって噂。
「真人間になったって皆が言ってる。
「ぶれてる?
「なんかおとなしくなったね。
「あ、意外と普通なんだ。
「どっか旅しないの?

私は、しばしば、「こんな人がいてほしい」というのを期待される。託される。
それは必ずしも心地の悪いことではない。


変わった?
じゃあ、元々のわたしとはなんだったのか。
みんなは私の何を知っていて、私に何を見たかったのか。


そんなの気のせい。

季節みたいなものだよ。


私は原点から動いていない。
座標。
緯度とか経度とか、ひとが勝手に決めることだ。
自転?公転?
どちらにせよ相対的なものだから。


わたしは、だれかが決めた自分の姿に惑わされない。踊らされない。選ばされない。


わたしの姿はわたしが決める。自分で選ぶ。


え、そう思ったら人生ってまだまだいくらでも面白くできるやん・・・
まだ21歳とかヤバスギ、エモスギ







なにかを見て「これ自分に当てはまってるー!」っていうことと、
「なりたい自分」や「求められる自分」をちゃんと演じることは、
真逆の位置にあるような気がする。



血液型占い、とか、真面目系クズ、とか、要はカテゴライズして自分を安心させること、
これは重力に従っている状態。

演じる、ってことは、重力に逆らうことで、
明日からの自分をつくることとも言える。


たとえば

私は手紙をかくのが苦手だ。(昨日までの自分、または周りの人による定義)
 →だから、書かなくていーや(重力に従う)
 →★書く(手紙が書ける自分を演じてみる)(重力に逆らう)

私は片付けが苦手だ。
 →だから、片づけなくていーや(重力に従う)
 →★片付ける(重力に逆らう)

私は連絡不精だ。
 →だから、返事はこれ終わった後でもいーや(重力に従う)
 →★とりあえずの内容でもすぐに返事をする(重力に逆らう)

私は気分屋で自由奔放だ。
 →だから、大事な用事をサボってもいーや(重力に従う)
 →★サボらない(重力に逆らう)



たぶん日々、重力に負けていることはたくさんある。

でも、すこしずつでも、重力に逆らうこと、しないと、生きてるって感じしないんじゃない?
ずーっと重力に負けたまんまだと、たぶん生きてる心地がしないんじゃないかな。
ずーっと重力に逆らい続けるのも、しんどすぎるけど。目から血ィ出そう



それに、求められる自分(やるべきこと)と、ありたい自分(やりたいこと)が
一致しない状態っていうのはやっぱり苦しい。


生きる、って、相対的な自己(まわりとの関係)が刻一刻と変動していく中で、
演じることを更新し続ける試みなんじゃなかろか。



求められる自分 ÷ ありたい自分 = 演じる自分・・・演じない自分

???







求められる自分と、ありたい自分が、きちんと一致して、
演じることと演じないことの境目がなくなること(余りが極力なくなること)が、大人になるってことなのかもしんないな。


え、



なにそれ、




むずっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!










なめとんのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









♨♨♨なめてま~~~~~~~す♨♨♨








ハァ~~~ア~ほんともうつべこべつべこべつべこべつべこべ。

とりあえず、自分「だけ」が特別だと思うのやめよ~っと。変に自分に期待するのもやめよ~~~っ
みんな特別だし不器用だし人見知り~くらいに思っとこ


あ、そうそう、「人見知り」って英語ないよね?
教えて英語圏のひと~~~
日本人とかもうみんな基本的に人見知りな気がしてきた
自称人見知り多すぎか!!!!




あー、頭ガンガンするので寝ます。
きょうから展示はじまってます

まな板の上の恋★★


もーほんとね、減らず口大バーゲンですわ。
減らず口のたたき。ぽん酢で頂いて~~~~~~



乾燥 | -- trackback |  0 comment

△page top